アライメント調整のススメ

アライメント調整のススメ

アライメント調整

 

アライメント調整は、西嶋オーナーが信頼する『タイヤ館』で行われます。
タイヤ館には、最新のアライメント測定器があり、こだわりを持つスタッフがいます。
アルファロメオの特性に合わせた調整が行われます。

アライメント調整

 

正確なアライメント測定をする為、タイヤの内圧を適正値に調整。タイヤの外周を測定し左右差が大きい場合ローテーションし、左右差を出来るだけ少なくする。

3

 

アライメント測定の前準備が終わると、まず走行チェック。サスペンション関係のトラブルがないか、ステアリングセンターのずれ、足回りのアライメントの狂いをチェック。
ほとんどの車は、新車時からアライメントは狂っており、この走行チェック時の予想が結構当たります。

5

 

走行チェック終了後、アライメント調整用のPitに。

7

 

9

 

10

 

アライメント測定器具をホイールに取り付け、ホイールの歪の補正を加え、正確にアライメントを測定。

12

 

13

 

14

 

測定結果がパソコンに表示されます。
キャンバー・キャスター・トー・キングピンアングル・インクルーデッドアングル・セットバック・スラストアングル・トレッドの前後差
、、、といろいろな測定結果が表示されます。


測定結果を確認する西嶋オーナー。この測定結果から計算し、タイヤ館のスタッフに変更箇所・変更数値が伝えられます。この数値は、スフィーダが『走り』を最優先し、理論に基づいた数値です。
西嶋オーナーより伝えられた数値に調整されます。

2

 

調整終了後、サスペンションのブッシュなどを落ち着かせる為、実際に走行します。

11

 

走行後、もう一度測定器を取り付け、再度測定します。一般車は、サスペンションの取り付けにブッシュが多く使われる為、落ち着かせた後、数値が変化します。
数値の変化がなくなるまで、走行・測定が繰り返されます。(最低3回以上)

16

 

走行後、もう一度測定器を取り付け、再度測定します。一般車は、サスペンションの取り付けにブッシュが多く使われる為、落ち着かせた後、数値が変化します。
数値の変化がなくなるまで、走行・測定が繰り返されます。(最低3回以上)

アライメント調整のメリット

アライメントの狂いは、タイヤの変磨耗・ハンドルの取られや走行中のフラつき、ブレーキング時の車体の流れなどいろいろな弊害があります。
アルファロメオは、新車時から安定して?一定方向にアライメントが狂っていることが多いです。

このアライメントの狂いを調整することにより、フラつきがなくなり安全で走りを楽しめる車になります。燃費にも影響するはずです。


★ご興味を持たれた方、詳しく知りたい方は
お気軽にスフィーダまでお問い合わせください!(担当西嶋まで)

TEL 0742-93-3325
MAIL info@scuderia-sfida.jp

  • ALFA ROMEO Owner impression
  • こうちゅんの自分で取り付け 出来るんです!講座
  • 愛車のタイヤ 大丈夫ですか?
  • リフレッシュ 特集
  • SIKARRARI日記
  • アライメント調整のススメ
  • 所属メンバー紹介
  • レースフォトギャラリー